<< 鳩山首相「みそぎと胸張るつもりない」(産経新聞) | main | 警察庁長官、平岡さん事件の捜査本部を激励(読売新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


梅は開花直後が一番「いい香り」 和歌山県と花王が共同研究(産経新聞)

 梅の花は開花直後の朝が最もフレッシュな香り−。和歌山県は花王(東京都)と共同で、開花の状態や時間帯で大きく変化する南高梅の香りについて詳細に分析したところ、最もかぐわしいのは開花直後の朝であることを突き止めた。香りの成分を解明したことで、本物に近い香りの再現も可能となり、花王は調査今回の結果を生かした新商品の開発を行うとしている。

 調査は花王と県工業技術センター、県農林水産総合技術センター果樹試験場うめ研究所による都市エリア産学官連携促進事業の一環。昨年2月にみなべ町の同果樹試験場うめ研究所で実施した。

 分析によると、南高梅の花の完全開花当日の開花香気量は、前日のほぼ開花した状態に比べ約3倍に増加。人による官能検査でも、この時点が最もフレッシュな良い香りであることを確認した。完全開花から4日後の落弁時には、すえたにおいに変化していた。1日の時間帯でみると朝(午前8時半)が最も多く、昼から夕刻(午後4時半)にかけて減少することもわかった。

 さらに香りの成分を科学的に分析し、ベンジルアセテートなど主要な23成分のほか、香りの印象に大きく影響する可能性のある72の微量成分を特定することに成功。今後の製品開発に役立てる。また南高梅に加え、西洋梅や白加賀、新平家など計13種の梅についても同様の分析を行い、白梅と紅梅の香りの違いが、香り成分の違いであることも確認できた。

 香りの成分は極めて微量のため、花王は梅の花をガラス容器で覆うなど、採取量を従来の十数倍に高めた独自の技術を使用。従来は十数時間かかっていた香気成分の採取が15分でできることから、1日3回の時間帯ごとの香りの変化も調査できた。

【関連記事】
春の陽気で早咲きの梅が開花 福島・いわき
「大寒」なのに体感は春、早くも梅が開花
日本一早咲きの桜、沖縄の寒緋桜が見ごろ
“日本酒”の新たな仲間 国産マッコリ
那覇でヒカンザクラ開花 観測史上、最も早く

センター試験2日目始まる=札幌などで開始繰り下げ(時事通信)
ネットワークは粘菌に学べ 単細胞でも効率的な経路形成(産経新聞)
路面電車にはねられ男性死亡=広島(時事通信)
<石川議員逮捕>「緊急性あった」…地検特捜部長(毎日新聞)
「記憶にない」「元社長が決めた」 元西松部長が連発(産経新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • 05:21
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカードのショッピング枠を現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
2ショットチャット
現金化
即日現金化
ネットビジネス
ショッピング枠現金化
携帯ホームページ
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM